にほんごのれんしゅう

日本語で日記を書きます。

ステータスの振り方

高校の同級な方々がとりあえず全員二十歳を超えたということで同窓会をするということで参加をしてきた。なんというか彼らは精神的に豊かで羨ましかった。対して僕はというと恋人も居らず、学内に僅かに親しい友人がいて、残りは全て会社にエネルギーを回して仕事に勤しむような生活をしている。時折崩す体調を薬と入退院でなんとかやりくりして生活するような毎日を送ってるので精神面で豊かになれるのかというのが分からない。

ステータスの振り方って大事で、等しく与えられている(寿命の長短はあるけど)時間を何に使うのかって大事だと思う。大切な人と過ごすも良いし、勉学に勤しむのもいい。たまたま僕はそれが「働く」ということに時間を使っていて、それが充実していて、満ち足りていたと思っていた。けれど狭い世界から別の方へ目を向けると働く以外の方で楽しそうに生きている人たちばかりでそれが今の僕にはあまりにも眩しかった。

僕は何をしても結局は自分の実力の力試しをしたいが為にお仕事に勤しんでいて、結構この生活が好きだけどもしもこういう生き方以外を選んでいたらどうなっていたかなぁとふと思った。選択に後悔はないけど、選ばなかった方の未来ではどうなってたんだろうなぁと思う。選んでも選ばなくても結局気にはなってしまうのかということが分かった。

タイトルに「ステータス」って書いたけどこれは「時間」の方が適切だと後から読み直して感じた。まぁ修正する気は無いけど。